nginxのサーバー監視ツール

こんにちは。よしおかです。

最近のサーバーは安定はしているものの、どうもピーク時のアクセスが多すぎて、何が問題か、原因切り分けが今何もできていません。

ある時間になるとピークになったり。

サーバー内にしかけているCRON関係のピークは時間(分刻み)でのしているので、うまく分散しているんですが、それ以外になると
ロードアベレージが規定値(目安ですね)12どどーーんと超えてしまうんです。

SnapCrab_NoName_2015-10-19_8-42-2_No-00

ウェブサーバーのロードアベレージで、中央にある赤い点線を越えたら警告という設定にしています。

(このツールはサーバーにZABBIXを入れています。)

これだけだと結局解析ができないので、nginxの数字化になるよう、各種ツールを入れました。

・nginxがステータスみられるように、「stub_status」導入
・「stub_status」を横1行タイプに整形するPythonのソフトを導入
・「stub_status」をZABBIXへ取り入れられるようAgent化のソフトを導入
・ZABBIXでnginxを監視

という感じになりました。

ZABBIXのソフトは以下のような感じです。

SnapCrab_NoName_2015-10-19_8-51-40_No-00

切り分けができるようにしたいです。

そういえば、ピークを挙げているのって、インターネット上のたくさんのBot・クローラーでした。

機会あれば、Bot・クローラーがアクセスしているアクセスログをお見せしますね。

nginxのサーバー監視ツール導入と手順作成

こんにちは。よしおかです。

nginx のサーバー監視と設定困っていました。
全体にみれるような仕組みがなかったので。
ついでに手順も作りました。

nginxのサーバー監視ツール。
リソースを継続に調べるツールがないくて、探しましたが、古い情報と、各種のソースファイルの場所に四苦八苦したので、
まとめます。

よかったら見てください。


SnapCrab_NoName_2015-10-19_8-36-16_No-00
【Nginx】サーバ状況監視ツール

WordPressでマルチサイトのWP-Cronを作ったさいの産物ですが。

こんにちは。よしおかです。

WordPressのWP-Cronで、シングルサイトの場合はある程度想定していたんですが、マルチサイトになると、仕組みが難しくなるんですね。

色々どのようにしたらいいのかを、qiita.comに書きました。

1.シングルサイトでのwp-cronの場合には
WordPressで通常のシングルサイトによけるWP-Cronの実行の仕方は、たくさんあります。
簡単にあげれば
1.誰かが訪問時にWP-Cronが起動する方法
2.外部のインターネットサイトから●●●.com/wp-cron.phpを読みこんでもらう方法
3.内部のCRONTAB機能を使って、キックする方法

http://qiita.com/yoshiaki_0245/items/1bb4e474c58341b5b235

7月にGoogleさんから、手動によるペナルティーを受けて、再挑戦へ・・・しかし

こんにちは。よしおかです。

今年7月1日前後から、各まとめサイトのが手動によるペナルティーを受けて、毎日のPV数が激減しました。

とても悲しいことではありますが、真摯に受け止めてて、対策を考えねば・・・といいつつ3か月伸ばしてきました。

原因は何だろう?と色々考えてはいますが・・・。

まず2chのまとめサイト系でみると、ほぼ同じ内容なんですけどねぇ~。2chは本当に強し。

①広告の露出が多すぎ?
ってことで、数減らしてみましたが、不承認。

②収録の数が多すぎ?
ってことで、数減らして1か月分のみに減らしてみましたが、不承認。

あとは考えられるのは、
表示のしかた?
一覧でどどーんっと出しているところがあるから、
ここに、色々な検索機能や見せ方を変える方法で今チャレンジ中です。

ちなみに、早かれ遅かれ、まとめサイトシリーズは主導によるペナルティーは受けることのようです。
50サイト中のまとめサイト、半分は食らっています。
それでも見に来る人は見に来るんですねぇ~

毎週メンタリングしている個人ブロガーの人と打ち合わせ

先日、ホームページのアクセス数に悩む個人ブロガーの人と、5時間かけてメンタリングしました。

先日から、色々と悩んでいて、トレンドなキーワード、話題は知っている方のですが、何がダメなのか、落ち込んでいる状態です。

今回は第2回目で、前回の話しを進めていくと、深層のところでは、体系付けられた知識がなく、周囲から言われるままに、「アフェリエイト」うんぬんの話しがちらほらでていたのがのが心配でした。

5時間かけての結果は、①ライティングの技術向上、②SEOやアフェリエイトなどの戦略を立てる、になりました。

細かな話しは除きますが、ライティングの技術向上と言っても幅が広く、「正しい日本語の書き方」や「正しく伝える方法」「キーワードから組み立てる」「あらすじや構成から考える」までたくさんあります。これらを、本日は一通り
おさらいをして、自覚して頂きました。その結果、今回私と話しをするなかで、かなり自信がついて、まずは最初に何をするかが見えてきたようです。よかったです。

ブロガーで生活ができればとの淡い気持ちも、現実的な話しをして、ときおり落ち込んでいるところもありました。ただ、淡い夢物語を見ててもしょうがないことだし、事実は事実で隠さず伝え、励ますところは励ます。帰り際には次回のメンタリングする日まで約束しそうな気配ぐらいまで、ブロガーの人はテンションはあがってました。

思い返せば、このような形でメンタリングをしている数は4つ抱えている中で、それぞれに違う形で悩んでいる姿が伺えます。

決してお金さえ出せば、それなりに結果が出てくる「コンサル」もありますが、悩みをききながら、一緒に何らかの答えが出て、次の一歩を引き出すこと。これがメンタリングにおいて、次の一歩が出てくる醍醐味ではないでしょうか。

次のメンタリングする日が楽しみです。

人間は、他人によって勇気づけられ、他人によって貶められる。

今回は私の方が色んな面にて勇気づけられた一日です。

========
「メンタリング」(mentoring)とは人材育成の手法の一つで、「メンター」(mentor)と呼ばれる経験豊かな年長者が、組織内の若年者や未熟練者と定期的・継続的に交流し、対話や助言によって本人の自発的な成長を支援することをいいます。 メンターは「師匠、信頼のおける助言者」の意味。
コトバンクより引用。

WordPressのテーブル接頭語「wp_」以外から「wp_」に変えたら、「このページにアクセスするための十分なアクセス権がありません。」

こんにちは。よしおかです。

WordPressのお引越しなんかでのトラブルで起きそうなことが、今回起きました。

もともとWordPressのテーブルの接頭語を「wp_」以外で作っていたのですが、

今回分け合って普通の状態の「wp_」に戻しました。

そうしたら、画面には「wordpress このページにアクセスするための十分なアクセス権がありません。」が多発。

ネットで検索したら、単純にテーブルの接頭語を変えるだけでは、あかんと判明しました。

簡単なことですが、見落としを。

参考になったサイトはこちらでした。

SnapCrab_NoName_2015-9-25_2-20-40_No-00【WordPress】「このページにアクセスするための十分なアクセス権がありません。」の対処

友人のWordPressにwp-login.phpへ、多数の不正ログイン!その対策

こんにちは。よしおかです。

友人のWordPressに、wp-login.phpへ、多数の不正ログインが見つかり、ログインができないとの依頼がありました。

エラーメッセージは、「ERROR: We’re sorry, but this IP range has been blocked due to too many recent failed login attempts.」

たまたま、この友人のWordPressには、「Login LockDown」のプラグインで、不正アクセス時にはIPアドレスを144,000分ロックするという、とてつもない長さに設定していました。

144,000分とは・・・2400時間・・・100日。

3回の失敗で失敗したら100日間もロック。

凄いですねぇ~。

解除の仕方は、FTPや別のSSH画面などから、wp-content/plugins/login-lockdown のディレクトリをリネーム。

wp-login.phpで、ログイン後、WordPressの管理画面からプラグインで有効化しました。

ただ、以下の記事にあるように、通常は管理ユーザーのIDはバレバレなのでログイン対策をしましょう。

ログインIDのSLUGを変更する「Edit Author Slug」プラグインです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

SnapCrab_NoName_2015-9-22_6-6-55_No-00Edit Author Slugの使い方 wordpressセキュリティ向上。ログインユーザーバレバレな状態を防ぐ

WordPress 4.3でバグ・・・もろに影響を受けました。

こんにちは、よしおかです。

過去に振り返っての記事おこしです。

先月末ぐらいから、WordPressの各サーバーで、CRONの情報が2万件もの異常な蓄積が発生していました。

なかなか原因がわからず、とりあえずは、CRONのゴミ情報を削除することで躍起に。

たまたま9月15日になったところ、下記の記事のような、「WordPress 4.3でメモリ消費量増大・CPU高負荷になる重大なバグあり。直し方を一応解説。」というタイトルの検索がヒットしました。

その直後にWordPress 4.3.1がリリースされたので、もとに戻りました。

SnapCrab_NoName_2015-9-22_6-19-35_No-00WordPress 4.3でメモリ消費量増大・CPU高負荷になる重大なバグあり。直し方を一応解説。

友人の個人ブログ(アメブロ)からWordPressへ引っ越し(移行)した手順とは

こんにちは。よしおかです。

友人の個人ブログ(アメブロ)で4年半にわたって蓄積したブログ資産を、なんとかWordPressヘ移行できないかと四苦八苦したブログが話題です。

どのように移行したのか?簡単な流れを示すと・・・

1.アメブロからFC2に一時引っ越しする(ツールを使用)
2.FC2で記事とファイルをバックアップを行う。
3.画像をWordPressのサーバーにアップロードする。
4.画像へのURL (アドレス)を置換する
5.WordPressに記事をインポートするためのプラグインを入れる
6.Movable Type and TypePad Importerを使って記事をインポート
7.ブログの整理

ご本人曰く「IT音痴でもコードを1行もかかずにアメブロからワードプレスへ引っ越しする方法でした。」と。

この根性というか、努力するチカラには、脱帽です。
見やすい内容なので、ぜひご覧ください。

そして、このWordPressへの引っ越し作業が、経験をなして、WordPressの色々な相談を受けているとのことです。凄いですね。

私の場合は、サーバー周りを含めた、WordPress全般のご相談、受け賜ります。

SnapCrab_NoName_2015-9-22_5-42-38_No-00IT音痴のヨガインストラクター青貝が、アメブロからワードプレスへブログを引っ越ししました

サーバと開発PCとのやりとりにはDropBoxを。

こんばんわ。よしおかです。

WordPressが入っているWebサーバー、DBサーバーと、開発PCとのやりとりには、何を使われていますか?

FTPやSFTPなどがメジャーかと思います。

私のところでは、サーバー間ではrsyncプロセスで実行しています。

各サーバー間と開発PCでは、DropBoxを使用しています。

DropBoxを使うことで、同期が意外に早くできます。

使い方は簡単です。以下のドキュメントを参照して、インストールしています。

Dropbox をダウンロード
ファイルを安全に保存、同期し、共有も簡単です。

https://www.dropbox.com/ja/install?os=linux

ぜひご利用ください!